日本同盟キリスト教団|長野聖書教会

ヘッダー

2015年6月7日 主日礼拝「私の咎、私の罪」

    

本日の聖書箇所

詩篇51篇

説教題

「私の咎、私の罪」

今週の聖句

「神へのいけにえは、砕かれたたましい、砕かれた、悔いた心。神よ、あなたは、それをさげすまれません。」

 

説教メモ

神さまの御霊は水のように私たちに注がれています。私たちはそれをとどめておくことはできません。他に注ぎだしていかなければなりません。

私の咎、私の罪

詩篇51篇の記者ダビデは、罪の許しの嘆願している(そむき・反逆、咎・不義、罪)

これらをダビデは拭い去ってくださいと嘆願しています。

深い罪の自覚。

ダビデは「第2サムエル11章」の罪(姦淫の罪・殺人の罪)の赦しを嘆願しています。

ダビデは素晴らしい王でしたが、完全ではありませんでした。

ダビデの罪を、王に仕えていた預言者ナタンが忠告しました(第2サムエル12章)。

ナタンに言われるまで、ダビデはその罪に気づいていませんでした。罪の中にある人とはそのようなものです。

自分が悪いことをしているという自覚がない場合があります。

自分の罪がはっきりわかったダビデは、悔い改めへと導かれました。

「私はあなたに、ただあなたに、罪を犯しました。」

そして罪の赦しを嘆願しました(詩篇51篇5~)。

ゆるがない霊を

「神よ。私にきよい心を造り、ゆるぎない霊を私のうちに新しくしてください。」

砕かれたたましい

「まことに、あなたはいけにえを喜ばれません。全焼のいけにえを望まれません。神へのいけにえは、砕かれたたましい、砕かれた、悔いた心。神よ。あなたは、それをさげすまれません。」

 

賛美歌332番


主はいのちを あたえませり
主は血しおを ながしませり
その死によりて われは生きぬ
われ何をなして 主にむくいし

主は御父(みちち)の もとをはなれ
わびしき世に 住みたまえり
かくもわがため さかえをすつ
われは主のために 何をすてし

主はゆるしと いつくしみと
すくいをもて くだりませり
ゆたけきたまもの 身にぞあまる
ただ身とたまとを ささげまつらん

 

特別なお知らせ

  • 本日礼拝後、浅川霊園に行き、墓前礼拝を行いました。
  • 6月2日(火)Texas Team 25名が来教され、有意義な交わりが与えられました。6月9日に日本を発つそうです。
  • 次週は6月の誕生会をします。
  • 長野レディス・ランチョンは6月24日、ベドウ路得子さんを講師に迎え開催されます。チケット販売中です。
  • March For Jesus は6月28日午後に行われます。