北村喜彦

きたむら よしひこ

牧師

長野の地での牧会40年。

真珠湾攻撃の約一年前 長野市篠ノ井に生まれる。
通明小中学校を卒業、長野工業高校機械科を卒業、渡米し、San Jose City Collegeに学ぶ。California State University San Luis Obispo校に編入、1967年6月にAgricultural Engineering学部を卒業。同年8月にMathematic学部を卒業。
帰国し安茂里聖書教会でHelland宣教師を手伝う。40歳のときから3か年神学舎に毎週通い同盟教団の牧師になり、現在に至る。1970年に結婚し1男1女を儲ける。1989年に妻が弁膜症の大手術、弁を金属のに交換、を受ける。しかし、体力が伴わなく召天。その直後に大腸癌が発覚、手術を受ける。以後約30年元気に暮らしている。ただし、遺伝的な糖尿病があり、毎月医者通いではある。
神のことばを話す牧師ではあるが、自分の説教は大変下手である。世界一下手だと思っている。そんな下手な説教がどういうものか関心がありましたなら、是非一度足を向けてください。お待ちしております。

Profile Picture

佐藤隆司

さとう たかし

伝道師

教会からの1枚のチラシで、神さまに招かれました。

須坂市出身。1998年5月、人生に悩み苦しんでいた私は、真言密教の総本山「高野山」での修行に参加。修行を終え自宅に帰ると、ポストに1枚のチラシが。それは教会で行われる集会のお知らせでした。そのことをきっかけに教会へ通い続け、それまで困った時の神頼み「神さま!」と叫び求めていた方が、天地万物を創造された聖書の神さまであることを知りました。またその神さまを無視して自分勝手に生きてきたこと。本当の神さまに代えて他の色々なものに頼って生きてきたことが孤独や苦しみの原因「罪」であることを知らされ、その罪の解決をして神さまと仲直りするために、仲直りして人生が本来の喜ばしい状態に戻されるためにイエス・キリストが私の身代わりとなって十字架にかかって死んでくださった、よみがえってくださった。そのことを信じ受け入れ、2000年1月1日に洗礼の恵みに与りました。その後、結婚。私、妻、娘、息子の4人家族。趣味はガーデニングとお菓子作り。お茶を飲みながら、気軽にお話ししましょう。全知全能の神さまはクリスチャンだけの神さまではありません。すべての人の叫びを聞き、手を差しのばしてくださっています。このホームページも神さまがあなたに差しのばした助けの手。一人の人が神さまの元へ帰るなら、天では大きな喜びが湧き上がると聖書には記されています。それほどあなたは愛され喜ばれています。

Profile Picture