2日の祈り

朝の祈り

 創り主また贖い主なる神よ、あなたの祝福が伴わなければ、私はきょう歩み出すことができません。朝の活気と新鮮さや、健康な肉体や、現在の仕事の好調なことにあざむかれて、自分の力に拠り頼む過ちに陥ることがありませんように、これらの良い賜物は、すべてあなたから与えられたものです。それらを与えるのも、取り去るのも、あなたの自由です。私が手の中に握っているべきものでなく、ただ信頼をもってとらえるものです。これらの賜物は、ただそれを与えてくださるあなたに絶えず拠り頼むときにのみ正しく受けるにふさわしいのです。

 どうか、あなたの賜ったものをすべて御手に返し、私の心とからだのすべての力もすべての世の宝も、他の人々に及ぼす私の感化も、いっさいを、あなたに仕える目的のために再びささげさせてください。父よ、これらはすべてあなたのものです。みむねのままにお用いください。キリストよ、これらはみなあなたのものです。聖霊よ、それらはみなあなたのものです。きょう、どうか私の言葉において語り、私の思考の中において考え、私の行為においてみわざをなしてください。この世に対するあなたの大いなる目的を果たすために、このような弱い人間の器をもお用いになることを知っていますので、どうかこの日、私の生活を通路として、あなたのきよい愛と憐れみとが、私のすぐ近くにある人々の生活に届くようにしてください。

 神よ、聖なる主の御前に、すべての友、隣人、この町の人々、ことにここに住む貧しい人々をおぼえます。どうか私に恵みを与え、み名において力のかぎり彼らに仕えることを得させてください。

 とうとびまつるイエスよ、あなたはその尊いいのちを、兄弟なる人間のあがないのために用い、安楽や楽しみや、世の富に心を寄せることなく、いっさいの時間と月日を、無私の愛の行為にあてられました。どうか、この日私をめぐみ、あなたの踏み開かれた道を歩むことを得させてください。

 御名に、栄光と賛美とが限りなくありますように。

 アーメン。

夜の祈り

天の父よ、

 私あなたは私の五体をあなたに仕えるためにかたちづくり、私のたましいを、ただあなたに従うためにお創りになりました。いま私は、悲しみと、心からの悔い改めをもって、過ぎ去ったこの一日の、咎とあやまちを認めます。父よ、私はあまりにも長い間あなたの忍耐を試み、またあまりにもしばしばあなたが与えてくださった信頼を裏切りました。それでもなおあなたは、私が心を低くして御前に来ることを喜んでおられます。どうか、私の多くの罪を、あなたのつきない愛の大海に沈めてください。

私自身がたてた目標にすら忠実でありえなかったことを
試みにあって、自ら欺いたことを
より良い道を知っていながらなおかつ悪を選んだことを
  主よ、お赦しください。

他の人々に要求する目標を自分にあてはまなかったことを
他の人々の苦しみに目をつぶり、自分自身の苦しみから学ぶのが鈍かったことを
自分にかかわりのない悪事に対しては無関心でありながら、自分のみに及ぶ悪に対しては過敏であったことを
となりの人の善と、自分の悪とを認めるに遅かったことを
となりの人の過ちに対しては心を頑なにしつつ、自分の過ちにはいつでも寛大であったことを
あなたが、私には小さい仕事を、私の兄弟には大きい仕事を与えられたことを信じようとしなかったことを
  主よ、お赦しください。

「神よ、私のために清い心をつくり、
私のうちに新しい、正しい霊を与えてください。
私を御前から捨てないでください。
あなたの聖なる霊を私から取らないでください。
あなたの救いの喜びを私に返し、
自由の霊をもって私を支えてください」。

アーメン。

長野聖書教会の話題やお知らせをお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

1日の祈り

次の記事

3日の祈り