3日の祈り

朝の祈り

 わがいのちの主よ、あなたの律法を、私は喜んで守り、あなたとの交わりを喜んで味わい、あなたへの奉仕に喜んで身をささげます。新しい一日の仕事にお遣わしくださろうとするこの時、私は御前にひざまずきます。

 この新しい一日について、私の献げる貧しい感謝をお受けください。この日の喜びと輝きを、楽しくもまた益ある労働に満たされるべく備えられた長い時間を、広く開け放たれた機会を、そして新しい出発の望みを、主よ、感謝いたします。
 どうか、私の心にこの一日の機会を十分に用いようとする願いを起こしてください。きのう心に誓ったことを破ることなく、きのう犯した過ちをそのまま残すことのないようにしてください。悲しみを抱いて道をたどる人を路傍に見捨てて過ぎることがありませんように。私の義務を余すところなく果たし、すべての悪習慣を残りなく根絶やしにすることができますように。
 私の行いが、この世の中を少しでも人々の住みよい場所にすることができる場合には、それを行い、私の言葉が、落胆している人々の心を慰め、弱い意志を奮い立たすことのできる場合には、それを語り、私の祈りが、キリストの御国を広くすることができる場合には、それを祈ることができますように。

主よ、この日
 私に親切な心をお与えください
 柔和に耐え忍ぶ心と、堅い決心を与えてください
 苦しみに耐える心を与えてください
 慈愛をお与えください
 貞潔をお与えください
 私の言葉に誠実を与えてください。

 時満ちて、我らの主、イエス・キリストを立て、我らの心を、あなたの愛を知る知識をもって照らしてくださった神よ、私を恵み、主の御名にふさわしい者としてください。

 アーメン。

夜の祈り

 もっとも賢く、偉大であって、聖なる主、あなたは、知恵と力と慈愛によって、わたしをみ像(かたち)にお造りになりました。あなたは、私にこの生命を与え、私の命数をさだめ、住むべき境界を定められました。また、恵み深く、有益な環境のうちに包み、私の心にあなたの律法を記してくださいました。
 今あなたは、私の心の最も奥深いところで私に出会い、私に語ろうとして待っておられます。私の罪とがをもかえりみず、愛の御手を差しのべて。
 どうか、心の平和に向かって通じているこの道に、私を進ませてください。心を低くし、つつしんで御前に近づかせてください。私の王であり主であるイエス・キリストの御心を常に身に帯びて行くことができますように。不平や、不当な欲望や、隣人への敵意をことごとく捨て去り、ためらわず、御心に全く従うことができますように。

主よ、御心のうちにこそ、私の平安はあり、
あなたの愛の内にこそ、私の安息があり、
あなたに仕えまつることにこそ、私の喜びはあります。
あなたこそ、私の心の望みとするすべてであります。

「わたしはあなたのほかに、誰を天に持ち得よう。
 地にあなたの他に慕うものはない」。

神よ、あなたの御前に、私自身のことばかりでなく、他の人々、隣人のことを覚えます。
 私の友だち、……、また……を
 今日、共に働き、また共に遊んだ人々を
 悲しんでいる人々を
 他の人の重荷を負っている人々を
 あなたの御国の、困難な持ち場や、孤立した前哨戦にあたっている人々を。

 われらすべての父なる、ただひひとりの神よ、この夜、我らに近くいまして我らのたましいを見守ってください。イエス・キリストのゆえに、この祈りをお聞きくださいますように。
 アーメン。

長野聖書教会の話題やお知らせをお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

2日の祈り

次の記事

4日の祈り